自宅で簡単セルフケア

目元をマッサージする女性

目元のマッサージで目尻のしわ対策

20代の若い年齢でも油断は禁物です。出来てしまった目尻のしわにはマッサージなどが有効になります。左右両方の眉頭にある凹んでいる部分を親指や人差し指の腹で優しく持ち上げて、左右同時に5秒間押しましょう。ゆっくりと指を離してこの流れを5回行います。こうすることで、目尻のしわに効果を発揮します。強くやらずに、優しくなぞるように行なうことを意識するのが大事です。

睡眠を十分に取って目尻のしわを防ぐ

睡眠不足は健康に良くないですが、もちろん肌にも良くないです。睡眠不足は肌のハリや潤いを奪いだけではなくて、肌の老化も進めてしまいます。1日の睡眠時間は大体7時間前後が理想と言われているので、これくらいの睡眠時間は確保しましょう。なお、睡眠時間を確保したからといって寝るタイミングはいつでもいい訳はありません。なるべく22時~4時までに眠るようにしましょう。

皆はどうやって解決しているのか確かめる

肌の状態は同じ年齢の人でも随分違うことがあります。それは体質のせいもありますが、毎日のセルフケアで違いが出ているためです。そのため皆がどんな対策をして若々しくいられているのか、チェックしましょう。セルフケアで追いつかないときは、美容外科に頼る判断をするのも大切です。

様々な人の意見も参考になる

やっぱり毎日の睡眠がとっても大事

しっかりと睡眠を取ることは当たり前だけどやるのは難しいと思っていましたが、そろそろ肌のことも気にしないとなと意識して睡眠をしっかりととることにしました。そしたら、目覚めも良いし身体もスッキリして自分自身びっくりしてます。活力が出てきたような気がするので、心なしかお肌の調子が良くなっていますね。とりあえず、睡眠をしっかりと取る生活習慣を続けていくことが私の今後の目標です。

あんなに乾燥気味だったお肌が改善した

私の悩みは肌が乾燥気味で、小じわなどの肌トラブルが出来てしまうことでした。そこで、小じわは乾燥が原因と知って、保湿効果が高い成分が入っている化粧品を使用してみました。優しく刺激を与えずにスキンケアをすることをやり始めたら、なんと肌が乾燥しなくなりました。今までのスキンケアではダメだったんだと思いましたね。乾燥対策は出来たので、あとは小じわを無くすことだけです。

美容外科に行けば一発で治すことができた

年齢を重ねるごとに目立ってしまう目尻のしわが嫌で嫌で、自分で対策もしていたのですが、美容外科に行ってきました。先生とのカウンセリングや診断のもと、糸を使用したリフトアップをすることにしました。すると、あんなに頑固だったしわが目立たなくなりました。しわが目立たなくなって毎日が楽しいです。化粧もしわのことを気にしないで行えるので良かったです。深いしわに悩んでいる人は、美容外科に行くことがおすすめですよ。

もし美容外科に行きたいなら

自分でどんなに対策をしても早く治らない、それはある意味当然といえます。大きなトラブルを解決するには医療の力が必要だからです。最近は美容外科を気軽に受けるという人も増えていますので、ちょっとしたケアをするという意識で訪ねてみるのも良いでしょう。利用するなら近い場所や交通の便の良いところにある病院が通院しやすいです。